SERAVE | 公式ホームページ

カーボンフェイシャル
carbon facial

メニュー一覧へ戻る >>


カーボンフェイシャル
カーボンフェイシャル

カーボンフェイシャルとは?

ニキビ肌、毛穴の黒ずみ、毛穴開きっぱなしの方、
ニキビ跡、肝斑に悩まれている方、
引き上げ効果・皮膚の新陳代謝を促進したい方に
お勧めの施術です。

肌の古い角質や毛穴に詰まった老廃物を除去し、
肌を活性化させて、キメの整った肌へと導きます。

カーボンフェイシャルの仕組み
  • 施術の流れ01

    毛穴汚れ・古い角質が溜まり黒ずみやくすみが目立ち、ニキビができやすい状態

  • 施術の流れ02

    肌表面にカーボンローションを塗布

  • 施術の流れ03

    熱エネルギーがカーボンの色素に反応し、毛穴の汚れや古い角質を除去

  • 施術の流れ04

    毛穴の汚れ・古い角質がとれ、毛穴が引き締まり、肌のくすみやゴワつきも改善した状態

カーボンフェイシャル

特徴01

毛穴詰りを解消し、引き締める

特殊なカーボンローションを毛穴に塗布して(IPL)照射することで、熱エネルギーがカーボンの色素に反応し、毛穴の奥の細胞に熱を与え、再生修復機能(創傷治癒)を促します。これにより、毛穴の老廃物が除去される他、肌内部の弾力線維(コラーゲンなど)の生成が促され、毛穴を引き締めます。

カーボンフェイシャル

特徴02

ニキビの原因を除去し、
なめらかな肌へ

にきびの原因となっている毛穴の詰り・古い角質・不純物を除去するほか、光(IPL)の熱エネルギーにより肌細胞が活性化され、ニキビのできにくい肌になります。

カーボンフェイシャル

特徴03

ごわつきの原因や肌の不純物を
除去し、ワントーン明るい肌へ

光(IPL)を照射し、表皮の角質層を除去することで、肌のごわつきを改善し、真皮層のコラーゲン線維とエラスチン線維の再生を促進します。また、皮膚表面の角質と不純物を除去し皮膚トーンと色を整え、皮膚老化を改善させ、シミ・そばかすを薄くするのと同時に、細かなシワやニキビ、毛穴の縮小にも優れた効果を発揮します。

カーボンフェイシャル

特徴04

肌にハリ・つやを与える
真皮再生効果

カーボンフェイシャルは、皮膚の質感や弾力が改善され小じわにも効果的であることが確認されています。施術後の腫れ、赤みもほとんどない為日常生活への支障もありません。

適応症状

■ 毛穴の黒ずみ・開き・ニキビ

毛穴の開きや黒ずみ、ニキビが気になる場合は、毛穴にカーボンを塗布して光(IPL)を照射する「カーボンフェイシャル」を行うことで毛穴に詰まった皮脂・老廃物・古い角質を取り除き、毛穴を引き締めます。また、ニキビの炎症を抑え、皮脂のバランスを整えるため、ニキビが改善されるほか、ニキビの出来にくい肌になります。


FCR


ビフォーアフター

■ シミ

  • Ba01
  • Ba01
  • Ba01

■ 毛穴・ニキビ

  • Ba02
  • Ba02
  • Ba01
  • Ba02
よくある質問

Q.炎症性のにきびも施術できますか?

カーボンフェイシャルには、皮脂分泌を調節し毛穴の過角質化を正常化させる効果がありますので、炎症性にきびの炎症を解消し、新しく発生するにきびを数を減らします。また、ピーリング効果で皮膚角質層を薄く除去すると同時に、毛穴の詰りを解消するほか、コラーゲン生成促進作用により、毛穴も引き締まります。

Q.どれくらいの期間の施術が必要ですか?

にきび施術は再発防止が一番重要なポイントです。皮脂分泌の減少と嚢胞、結節型炎症性にきびの大きさの変化はカーボンフェイシャル1回の施術後にすぐ確認でき、2~3週間間隔で3~5回治療を受けると新しいにきび数が顕著に減り、炎症性にきび後の赤い刺激もかなり改善されます。

Q.施術後はどんな改善効果が期待できますか?

初回の施術後から改善を確認でき、治療回数が増えるほど突出した新しいにきび数が顕著に減ります。また、炎症性にきび皮膚に常に同伴するくすんで荒れた皮膚、広がった毛穴、過度の皮脂分泌による汚れて黄色い汚れなども共に改善されるため、お客様の満足度がとても高いです。

Q.施術効果はどれくらい持続しますか?

一般的に光施術は他の施術法に比べて長く持続しますが、施術効果が永遠なのではありません。施術後、施術効果を継続させ良好な皮膚状態を維持するためには、基本施術過程が終わった後にも2~3ヶ月に1回の維持施術をお勧めします。

Q.カーボンフェイシャルは施術後の副作用はありませんか?

にきび施術は再発防止が一番重要なポイントです。皮脂分泌の減少と嚢胞、結節型炎症性にきびの大きさの変化はカーボンフェイシャル1回の施術後にすぐ確認でき、2~3週間間隔で3~5回治療を受けると新しいにきび数が顕著に減り、炎症性にきび後の赤い刺激もかなり改善されます。


ページトップ